思いもよらぬ不妊の原因
マシュマロヴィーナスの効果的な飲み方を伝授します

妊活を始めたけどどうも結果が思わしくなく、自分は子供が産めない体なのかと悩んでいる女性も多いようです。そのような人の旦那さんは見るからに健康体で、子作りに適していると思われがちです。しかし、そのような男性に限って精子に異常があったりするものです。
精子の異常は、男性自身によるものとは限りません。精子は案外デリケートで、温度が高いと活動が鈍ります。また、精子自体が生成されて時間が経つにつれて、次第に勢いがなくなります。よく、妊活に備えて夫婦の営みを毎月排卵日だけにするという夫婦がいるようですが、逆効果です。定期的に営みを続けていくことで、元気な精子がどんどんと作られます。精子を放出する頻度が高いと、男性の体も精子をどんどんと製造しますから、作られる精子も元気になるのです。また、最近ノートパソコンを膝に乗せて仕事をしている人が多いようですが、膝の温度がおなかに伝わり、精子が死滅してしまう可能性があると言われています。若干注意が必要です。
子供ができないという夫婦の原因で、夫婦の体に起因するものは案外少ないようです。もし医学的な検査で把握することができる原因であれば、現在の医療技術で解決は可能です。卵子が出てこないなら誘発剤があります。精子に元気がなければホルモン治療があります。心配する必要はないのです。しかし、体には異常がなくても精神的な原因だけはどうしようもありません。
不妊治療をしても改善しない人の多くは精神的な原因を抱えています。会社での人間関係などが原因だったり、不妊治療の長期化でノイローゼになったりすることもあります。このような場合、産婦人科医ではなく、むしろ心療内科での治療が不妊の原因を取り除く特効薬となります。